×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家ゲーツクール祭SP

コンテストについて

当サイトは家庭用ツクールユーザを対象とした2010年度冬季、短編限定コンテストページです。
例年コンテストが行われており、本年も夏に家ゲーツクール祭'10が開催されました。
1年に1回のペースで夏に開催されているコンテストですが、

・1年に1回だと人によっては間延びしてしまうかもしれない
・長編はプレイするまでの敷居が高い

といった理由で実験的に冬に開催してみようということになりました。
SPはスペシャルであり、ショートパーティの意です。
短編に限定した理由は、敷居を下げて短いゲームを出しやすい環境にしたいと考えたからです。
ぜひ、お気軽にご参加ください。ツクール祭SPはあなたの参加をお待ちしております。

開催期間

作品募集期間 :2010年12月1日 〜 2011年1月31日
審査受付期間 :2010年12月1日 〜 2011年2月28日
バグ修正に伴う作品差し替えの受付期間 :2010年12月1日 〜 2011年2月21日

募集要項

本コンテストは、短編限定です。
というわけで、ツールによって容量制限を設けています。
ツールによって作れる長さがかなり違うと思いますが、勘弁してください。
受付ツールと容量制限は以下のとおりです。

・RPGツクール3、4(メモリーカード2枚以内)
・RPGツクール5(データ1個以内)
・RPGツクールGB、GB2、アドバンス、DS(制限なし)
・シミュレーションRPGツクール(制限なし)

これら以外のツールで作られた作品は受け付けておりません。
また、本コンテストはこれらのツールで作られた作品のレビューを保証するものではありません。
制作者、プレイヤー両方の敷居をできるだけ下げたいと考えていますので、
個人的にはRPGツクール3を強く推奨します。
RPGツクール4および5、シミュレーションRPGツクールもそれなりに現実的な選択だと思います。
かなでーる、アニメティカ素材単品は、今回は受付しません。あしからず。

以下の3つを添えて「コンテスト応募」という件名で、mizunoawa.web@gmail.comに送ってください。

・lzhもしくはzipにて圧縮された応募作品(拡張子psm,mcr,pss等のゲームデータ)
・作品タイトル、ハンドルネーム、メールアドレス、使用ツール、作者コメントを書いたテキストファイル (あればサイトアドレスも)
・スクリーンショット、イラスト等(任意)

審査方法

以下の3つを記入したテキストファイルを添えて、
「コンテスト審査」という件名で、mizunoawa.web@gmail.comに送ってください。

・あなたのハンドルネーム(これは公表しません)
・イチオシの作品1つ(なくても構いません):2ポイント
・面白かった作品いくつでも:1ポイント

厳正な審査をしてグランプリを決めるという趣旨ではございませんので、
ざっくばらんにこのポイントを合計して順位を決定します。
毎週、途中経過を公開する予定でした

作者さんへのコメントは後日設置される掲示板か、
もしお持ちならあなたのサイトに書いていただければと思います。個人的には後者を推奨します。
出来る限り巡回して情報をキャッチして紹介したいと思っていますが、
mizunoawa.web@gmail.comへメールを送っていただくか、
@cstkool_spへリプライを送っていただければコンテストページとtwitterで紹介させていただきます。

主催

・鉄クズ(あわみやさえ)
みずのあわ

・コンテストバナー
家ゲーツクール祭SP

・twitter公式アカウントについて
2008年の家ゲーツクール祭'08において
「みんなでゲーム持ち寄ってワイワイ騒ぐといったある種の原点回帰」
2009年のコゲーツクール祭では
「皆で作品を持ち寄って、そいつを肴に語り合おうじゃないか」
と言われているように、「作品発表の場、そしてそれについて語り合う場」という面が
強調されてきていますが、残念ながら掲示板、
特にチャットは表の交流の場としての機能を失ってしまいました。
ぶっちゃけるとチャットはめんどくさいんですね。
チャットルームに張り付いていないといけないのが。
メッセンジャーやSkypeのほうが圧倒的に便利なわけです。でもこれは裏側になってしまう。
裏側のほうが楽だし便利だけど、表の交流がなくなったらコミュニティは衰退してしまう。
でもチャットは面倒くさいから誰も使わないわけです。私だって使いたくない。

ならばどうすればいいのか? 色々考えたり話をしたりした結果、
twitterが「発言に反応してもいいししなくてもいい」「適度にクローズドである」という点で
新しい表の場になりうる可能性があるのではないか? と考えました。
実験的な試みではございますが、コンテスト公式アカウントを作りました。
あなたがtwitterアカウントを持っているなら、公式アカウントをフォローしてください。
持っていないのであれば、強制はできませんが、一度使ってみてください。

コンテスト公式のほかに、私( @awawa_sae)もいます。
家庭用ツクールユーザーでtwitterを日常的に使ってらっしゃる方は他に、
あなすさん( @anasponpon)、こんどーさん( @unzarist)、ゆうさん( @yuyak_lastar)がいます。